SUREFIRE E1B BACKUP はカッコよくて超実用的なライトだった

SUREFIRE E1B BACKUP

今回レビューするのは「SUREFIRE E1B BACKUP」というライトです。
ライト?
あのピカーて光るやつ?
なんで?
という反応は分かります。そうでしょう。ライトなんかホームセンターで適当なの買えばいいじゃん、と思うでしょう。
しかし!
このライトはそんじょそこらのライトじゃありません。なんせ、実際にFBI捜査官が使ってるらしいのです。ほら、Xファイルとかでモルダーが暗い部屋に入る時に照らしてるアレよ!アレ!
と言えばお分かりだろうか。
手で握るように持って、グーの形で頭の横で照らすアレである。(分かる?)
そのアレが、テレビの中の存在だったアレが今、目の前に!
うひょー!かっけー!
と、
興奮するのってたぶん男だけよね。
今回のレビューはそんな人たちに贈ります。

SUREFIRE E1B BACKUP

ざっくり説明すると、
機能はいたってシンプル。スイッチ押す。光る。以上。
光量は強弱の切替が可能なんですが、後で言いますけど、この「強」ってのがシャレになってないです。
あと電池はちょっと入手しにくいので、買いだめ推奨。
重さと形はかなりコンパクト。
このコンパクトな感じ、どこかで知っているぞと思っていたら…
そうか、これだ。

SUREFIRE E1B BACKUP

ご覧のように、色以外は完全に一致。
皆さんもご家庭にあるこれを握りしめ、FBI捜査官気分を味わってください。

本題。
さっき「強」がシャレにならんと書きましたが、さすがFBI、この光量はちょっと異常です。
なんちゃらルーメンとかいうスペックよりも、百聞は一見にしかずということで、写真撮ってみました。
比較の対象はこいつ。ホームセンターに売ってる、ありがちなLEDライトです。



この二つのライトを使い、テーブルの上に置いたミカンを撮ってみます。
露出は固定。
ではまず、ライト無しの風景。

SUREFIRE E1B BACKUP

真っ暗ですね。そりゃそうだ。
では次に、ホームセンターのLEDライトで照らしてみます。




ミカン出ました。これが基準ね。
では次。SUREFIRE E1B BACKUPの「弱」で照らしてみる。




えー…。「弱」なのに、既にホームセンターライトを光量的に超えてます。
じゃっじゃあ「強」ってどんなんすか…と思いつつスイッチ入れてみると…






SUREFIRE E1B BACKUP

ウァァァ!! 目が!! 目がァーーーーーーッ!!!
みたいな。
いや実際これ目やられますよ。ほんとに。危険です。
この3枚で歴然とした光量の差がお分かり頂けましたでしょうか。
一応、「強」に露出を合わせた写真も撮ったのであわせて紹介しときます。

「強」
SUREFIRE E1B BACKUP

ホームセンターライト


そんなわけで、ミーハー心で買ったSUREFIRE E1B BACKUP、完全に実用品でした。
当たり前か。
これならかなり先も照らせる(実際夜中に使うとビームみたいになる)し、災害時だけじゃなくてキャンプとか倉庫の捜し物とか日常生活にも役立つし、もっと言えば防犯用、つまり暴漢に襲われた時などに、こいつを相手の目に当てれば完全に視力を奪えたりする(実際そういう使い方もあるそうです)。
なのでまあ、男子も女子も、一つ持っていれば色々役立つこと間違いない。
意外とおすすめですよ。

SUREFIRE E1B BACKUPの価格相場はこちら。(@楽天)

関連記事(たぶん)

    None Found

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2010/09/15/surefire/trackback/