iPad用レザーケース TUNEFOLIO for iPad でひとまず落ち着いた

TUNEWEAR iPad用レザーケース TUNEFOLIO for iPad

iPadを購入してから早二ヶ月。
ずっと、全裸で使ってきました。
なぜか。
それは鉄板と呼ばれるケースが登場していないから。
どのケースを見ても、どのレビューを読んでも一長一短。「これにしとけば間違いない」というものは見つからず、「これは○○はいいけど××は全然ダメ」みたいなものばかりで、調べれば調べるほど購入から遠ざかっているという状況でした。

だがしかし。
全裸は危険だ。いつ風邪をひいてしまうか分からない。というか全裸のままでは持ちにくいし、滑り落としてしまいそうだし、でもケース選びに失敗したくないし、あーもーどうでもいいやどうにでもなれポチッ!!!
と、
ほとんど判断停止の状態で買ったのがこのケース、「TUNEWEAR iPad用レザーケース TUNEFOLIO for iPad」でした。

TUNEWEAR iPad用レザーケース TUNEFOLIO for iPad

前置きが長くなりました。
さっさと結論言います。良いです、これ。意外に。
意外に、というのがポイントで、このケースに過剰な思い入れを抱いて購入した場合は、こんなもんか、と思ってしまうかも知れません。ところどころで作りに甘い部分はありますし、先のように「鉄板」ではなく、欠点もあります。
が、
やはりこれは良いケースなんではないかと、購入後2週間ほど経った今では思います。
小さい欠点はあるが、大きな不満が無いという感じ。

質感はまあまあ。値段相応。開いた時の角度は自由につけられ、スタンドとしても使いやすいです。重さも許容範囲。
また発売当初あちこちで言われた「本体ずれてくる」問題も、メーカーの対応で現在はベルクロが付属し、ずれてこないように改良されています。この辺の対応は素晴らしい。

ケースを買うにあたり、私の場合は「液晶を気にすることなくガッとつかみたい」と「フタがパタンと閉まって欲しい」の二点を重視しました。前者はもちろんクリアし、持ち運ぶ時に「液晶に触らないように…」というストレスからは完全に解放されました。これはノート型ケースの醍醐味でしょう。
それで後者、フタがパタンですが、これ最初は浮いてたんですね。先述のベルクロのせいでフタの根本がちょっと持ち上げられ、パタンと閉まらない状態で、付属のゴムバンドによって閉める、みたいな感じでした。
でもさっき気付いたんですが、いつの間にかパタンと閉まるようになってます。なんで? 馴染んだの?
嬉しい誤算です。
これにより、私の不満はほぼ無くなってしまいました。
あと一つあるとすれば、キーボードを打つ時の角度がほとんど水平ということくらいです。

TUNEWEAR iPad用レザーケース TUNEFOLIO for iPad

でもこれも使ってるうちに気にならなくなりました。
別に打ちにくいってわけでもないし。

まあそういうわけで、他にもいくつか試してみようと思ってたんですが、なんかこれで落ち着いてしまいましたよ。
よっぽど好みのケースが登場しない限り、もうこれで行くんじゃないかなあ…

iPad用レザーケース TUNEFOLIO for iPad の価格相場はこちら。全3色!(@楽天)

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2010/08/27/tunefolio/trackback/