iPhone4に変えたら携帯電話の概念も変わったの巻

iPhone4

iPad購入から一ヶ月、もう完全にノリで買っちゃいました、iPhone4。
だって初めて触るiOSのUIが気持ち良すぎたんだもの。
iPadのちっこいやつが携帯できるなんて!
と、全然迷わずに予約して機種変更。

しかしあまり下調べしなかったので、最初はかなり面食らいました。
特に「着信ランプ」が無い点。
これは困った。ていうかなんで無いの??と頭を抱えた。
しかもメール着信音は一瞬。
その着信音を逃すと、画面をつけない限り、着信の有無が分からない。
まいったな。

ところが、この最大の問題は、アホな理由によって解消されましたとさ。
簡単に言うと「ツイッターやってるから画面つけるっていうか常にiPhone触ってるYO!」
てことです。
すいません。
いやでも、ツイッターは置いといて、これはもう携帯じゃないですね。なんか違う。iPadの時に感じたものと似たような感覚があります。こういう道具、俺今まで持ってなかったなあという感じ。
だからずっと触ってる。

それからというもの、これは完全に「ちっこいiPad」として、iPad以上に活躍しまくりです。
というか肌身離さず持ってる。
どっかで誰かが言っていた「iPhoneの無い生活なんて一ヶ月も耐えられねえ」という意味が今なら分かります。
なのであなたがもしiPhoneをガラケーと比較しているのであれば、それはちょっと違うぜ、とお伝えしておきます。

しっかしiPhone4安いねー。逆に基本料金下がったもんなー。

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2010/08/12/iphone4/trackback/