iPadを購入して一週間後の感想

iPad01

ええ、もちろん買いましたよ。iPad。
発表後、光の速さで予約して、発売日当日にはドアの前で全裸で正座してましたよ。
ということで久々の更新ですが、iPadについては今後いくつかのエントリーでレビューしていきたいと思います。

iPadの第一印象はすでにあちこちのブログで語られている通りだと思います。
意外に小さい。
意外に重い。
液晶がきれい。
この三点に関してはわりと誰でも抱く感想なのではないかと。
特に重さに関してはちょっと注意が必要ですね。680gなのでLバッテリー装着のTypePとほぼ同じ、数字だけみると軽いんですが、本体の形が1枚の板なので、重量バランス的に意外な感触があります。
それを「重い」と言う人もいれば「軽い」と感じる人もいるようですが、私は「意外に重い」と感じました。それは「1枚の板」にしては重い、という感触です。つまり片手で文庫本を読む感じではなく、雑誌を膝の上でめくるみたいな感じを想像してもらえれば大体合ってると思います。
なので、逆に本体が「意外に小さい!」といった感想が出てくるのも分かる気がします。

さて、購入してからというもの、iPadを触りまくりアプリを調べまくりの一週間でした。
しかも私はiPhoneを持っていないので、iPhoneOS初体験ということもあり、ちょっとすごい興奮しましたよ。
結論から言えばiPad、大したもんです。
「まだ名前のついてない何かの道具」という感じがします。
ノートPCでもない、iPhoneでもない、PDAでもネットブックでもタブレットPCでもない。
以前に書いた通り、私はVAIOのTypePちゃんを愛用しているわけですが、TypePを買った時の驚きと、今回のそれとは、まるで種類が違うように思います。
TypePの時は、PCが小さく軽くなった、という驚きでした。もちろんそれはそれで充分に意味があって、どこに行く時でも気軽に持ち運べるようになったし、家の中でもあっちこっちに持っていけるようになりました。
が、
iPadが家にやってきて感じたことは、「なんか新しい道具が増えたぞ?」という感触です。

iPad02

例えば、トイレに持ち込んでネットを見る。
トイレから出てきて、ソファに座って本を読む。
本を読んだ後、昨日の将棋の対局の続きをする。
それから自室に戻り、Dropboxでファイル同期させてプレゼン資料制作。
それを打ち合わせに持って行き、フォトビューワ、ブラウザなどを組み合わせて説明。
帰り道にまだ行ったことのないパン屋を探し、思いついたことをメモに取り、帰宅したら音楽を流しながらレシピを開き、夕食を作る。
食後は読書の続きをして、最後に明日の天気と予定を調べて就寝。
みたいな。
これらのことが全てiPadで可能です。
しかも重要なのは、上記はTypePでもやろうと思えば可能なんですが、今まで私はそんなことをやろうともしなかったという事実。ところがiPadでは気軽にやってしまえる。
その理由は起動時間の短さ、UIの気持ちよさ、本体の形状など色々ありますが、そういうのが積み重なって「やる気にならない」が「やる気になった」ということですね。この事実こそがiPadの最大の魅力ではないでしょうか。
そのおかげで、ちょっと生活スタイルが変わりつつあるのを感じています。

以上、ざっくりの感想でした。
アプリや通信や周辺機器やアクセサリについては、また次回。

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2010/06/07/ipad01/trackback/