Hacoaのサポートがひどすぎてびっくりした

hacoa マウス

久々の更新なのに、こんなタイトルですいません。
今日ご紹介するモノはさすがにおすすめできません。マイナスの話題もちゃんと紹介していかないとね。

Hacoaというメーカーがあります。「木ーボード」とか「木のUSBメモリ」でわりと有名です。
木製雑貨の他、木を使ったPC製品などを作ってるメーカーさんで、製品は家電屋というよりもオシャレな雑貨屋さんでよく見かけます。
製品はご覧の通り非常にかわいい。職人が手づくりしているようで、さすがに本物の木の温もりがあります。んで、私も一目惚れしまして、マウスを購入したわけです。
てか女子へのプレゼント用ですな。1万円。自分用ではとても出せない値段です。

ところが先日、クリックがおかしくなったという連絡がありまして。んじゃ修理に出してやんよと、販売代理店を通じてメーカーに送ってみたわけです。
まあ保証も切れてるし、取りあえず見積お願いしますと。
そしたら2週間ほど経って、メーカーから信じられない回答が。

「購入後6ヶ月経過した商品は修理不能」
「新品見積なら可能」

え、何それ…
修理不能?
てか「新品見積」って何? 修理できないから、新品を安価で提供するってこと?

「新品見積の場合は、一般の販売価格より高くなります」

ポカーンですよ。
イミフですよ。
私が電話で話してたのはショップの人なんですが、
「えーとつまり、このマウスは、壊れたらそれまでってことですか?」
「…はい」
「じゃあ1万円のマウスが使い捨てってこと?」
「…そうです」

ということで、電話を切った後もしばらく呆然としていました。
いまいちピンと来ていない方は、当ブログ「ロジクールのサポートが素晴らしくてびっくりした」および「エプソンのサポートが素晴らしくてびっくりした」を併せてお読み下さい。私のポカーンが伝わると思います。

以上、ちょっとひどかったんで記事にしました。
Hacoaというのは正式名称「有限会社 山口工芸 Hacoa事業部」というらしいんですが、工芸やってる職人さんなら、一つ一つ思いを込めて手づくりしたものを、たった6ヶ月で捨てさせるような真似はしないで欲しいと思いますよ。
もちろんマウスもキーボードもどこかのOEMでしょうが、俺んとこで作ってないしィー、だから直すのムリだしィー、というんであれば、企画の段階で中止しとけ。と言いたい。
久々に信じられない出来事でした。

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2010/04/13/hacoa/trackback/