BIT-STB2819というCP抜群のスピーカー購入



先日、Type P用にBluetooth対応ワイヤレススピーカー、BIT-STB2819を買いました。
なんかネットで評判が良かったので。
安い、小さい、音質がいい、らしいんですね。
早速ペアリングして音を鳴らしてみる。




うお。
すげえ。
予想以上です。
いくつかジャンルの違う曲を流してみて聞き比べたところ、高音から低音までバランス良く出力されている。これが数千円のモバイルスピーカーとは思えません。
低音がしっかり出ているだけでも珍しいのに、中高音域が素直かつクリアに出る。
なるほど、これは話題になるわという感じ。
モバイル用途では充分すぎる音質だと思いました。
音質を文章で表すのは難しいですが、Type Pのカスみたいな内蔵スピーカーの表現力が1で、以前にレビューしたYAMAHAの超ハイクオリティなスピーカーHS50Mが100とすれば、このBIT-STB2819は40くらいでしょうか。
え、あんまりパッとしない数字ですか?
いやいやこれはすごいことですよ。
つまりType Pの内蔵スピーカーの40倍ってことだ!
すげえ!
いやでも、マジでそれくらいの次元の違いはあると思います。





本体サイズはW160㎜ x D48mm x H48mm。スピーカーの出力は2W、電源はACアダプタまたは単3×4本(エネループ可)。重さは電池入れて300gくらい、USB接続では給電のみ。スペックはざっとそんな感じ。
サイズ感としては、そうですね、家の電話の子機みたいな。それをちょっと重くした感じ。例えば旅行に持っていくとして、私的には全然存在が気にならないレベルです。
電池ボックスがなぜかネジ止め式になっている点以外、特にこれといった不満は無し。
で、
これが例えばVAIO純正品で¥20,000だというのであれば分かりますが、数千円で買えるとなると、思わずカートに入れるボタンをトリプルクリックしてしまうレベル。

まあそんなわけで買って良かったBIT-STB2819。
Type P用に数々のスピーカーを比較検討してみたけど、やはりこれが自分にとってベストであったように思う。
長い付き合いになりそうです。


BIT-STB2819の価格相場はこんな感じ。@楽天

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2010/01/21/bit-stb2819/trackback/