Microsoft Arc Mouse でマイクロソフトが本気出したみたい

Microsoft Arc Mouse
本気だと思います。マイクロソフト。
今回レビューするのは「Microsoft Arc Mouse」。
ご覧の通りType P用に購入したものですが、これが非常に良かった。
元々アンチマイクロソフトマウス派だった私ですが、今回はちょっと真顔になりましたよ。

最初はかなり懐疑的でした。
あちこちでこのマウスの噂を耳にするたび、えーそれってマイクロソフトでしょー、みたいな斜に構えた反応をしてました。
というのも、これまでいくつかのマイクロソフト製マウスを使ってきたんですけど、なんか全部ちょっとイマイチというか、フィーリングが合わないというか、作りが甘かったり、故障したりで、正直クs…じゃなくて、オブラートに包んだ表現をしますと、ご縁が無かったんです。
それで過去の記事にあるように、デスクトップ用のマウスはすべてロジクールに移行した私なんですが、このたび数年ぶりにマイクロソフト製マウスに手を出してしまいました。
なぜか。
身も蓋もない言い方をすれば、野生のカンです。

や、実際ちょっとね、デザインがいいなあって思ってたんですね。
しかもよくありがちなデザイン重視の役立たずマウスとかじゃなくて、使いやすそうだと。デザイン性と機能性が両立してんじゃねえかと。
例えばこんなの。

Microsoft Arc Mouse2

ね。なんか丁寧に考えられてるような雰囲気を感じませんか?
「考えに考えた末こんな形状になりました」的なムードがありませんか?
ちなみに私はマウスの「クリック感」を最重視するタイプの人間なので、マウスの実機を触らずに購入することはほぼあり得ないのですが、今回はなんか、その空気っていうか本気ムードに流されて、思わずポチってしまった次第でした。

正直、クリック感に関しては過去のマイクロソフト製マウスで痛い目にあってきたんです。
これはもちろん個人の感覚ですが、私の使った同社製マウスはいずれもクリック時にキシキシと軋む、遊びがありすぎる、安っぽい、みたいな感覚でした。プラスチックのおもちゃって感じ。
なので今回もクリック感や質感については全く期待していなかったのですが、結論から言うと、同社のハードウェア開発陣がちょっと本気を出されたようで、なんというか土下座レベルです。ごめんなさい。ナメてました。すいません。
クリック感・質感ともに素晴らしいDEATH!!!

Microsoft Arc Mouse 3

しかも折りたたむと死ぬほどかわいいのでもう無敵だと思う。
いやー驚きましたよ。
しっとりとした品のあるクリック感、折りたたみ時に感じる高級ヒンジ的な感触、表面のマットな触感、いずれも文句なしに高品質。マジでこれマイクロソフトのマウスかよって。失礼ですけど。
これ折りたたんだ瞬間に電源が自動的に切れるんですよ。
まさに機能美。

細かいことを言っておくと、電源は単四×2本。電池の保ちは非常によいです。
買ったのが二週間ほど前ですが、付属の動作確認用の電池がまだ切れてません。
あと親指の位置にサブボタンがあり、これは別途マイクロソフトのIntellipointをインストールすれば任意の機能を割り当てられます。この辺はあと一つボタンが欲しかったんですが、贅沢は言うまい。

Microsoft Arc Mouse 4

持ち運ぶ時はこのように付属のキャリングポーチに入れます。
このポーチもいちいち質感あります。
口の部分がマグネット?か何かでわりとぴったり閉まる。
ていうか折りたたむとちっこいねー。手のひらサイズです。
それでいて使用時には小さいと思わせません。一般的な男性であれば違和感なく普通のマウスとして扱えるでしょう。

以上katagamiベタ褒めのマウス、Microsoft Arc Mouseのレビューでした。
実際出先で使ってみて思いますが、Type PのようなモバイルノートとMicrosoft Arc Mouseの組み合わせ、最強じゃないでしょうか。

Microsoft Arc Mouseの価格相場はこちら。全6色。(@楽天)

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2009/07/11/microsoft-arc-mouse/trackback/