VAIO Type P 買っちゃった

vaio type p01
いやーーーー買っちゃった。思わず。
Sony Styleのオーナーメイドで「価格シミュレーション」やってたら知らないうちに白目でポチッと押してました。
後悔はしていない。
ていうかXP化に忙しくて後悔してる時間が無いのです。

なぜType Pなのか!!
というところですが、これはもう最初っから決まってました。
縦の解像度が768。
これだけ。これこそが理由。
ネットブックでこのスペックのってなかなか見当たらないんです。
で、縦が768だと何かいいことあるのか。
縦が768pxだと!! 文字サイズ10.5ptの場合に縦書き文章が40文字分表示されるんだよ!!
すげえ!!
誰も反応しやがらねえ!!
孤独!!

vaio type p02

ということでそのメリットを話せば話すほどひとりぼっちになりそうな気がするので、ちょっと話題を変えまして、katagamiの選んだスペックを公開します。
まー前述のようにちょっと特殊用途なんですけど、普通にモバイルに使おうと思って選んだ構成なので、誰かの参考になるかも知れない。

OS:Vista Home Basic
色:ペリドットグリーン
CPU:AtomZ530 (1.60 GHz)
HDD:SSD64GB
ワンセグ無し
ワイヤレスWAN無し
ヘッドフォン無し
キーボード:シルバー日本語配列
バッテリー:大容量L
+Bluetooth
+Webカメラ
+ディスプレイアダプター
+ウォールマウントアダプター
+ワイド保証
+純正キャリングポーチ(黒)

ざっとこんな感じです。
一応それぞれの選択理由を説明してみます。

■OS
XP化する前提だったのでVistaモデルをチョイス。XPモデルと違い、メモリもHDDも大容量で助かります。ていうか今となってはSONYから公式にXPドライバ配布されてるんだから、XPモデルを選ぶ理由が弱い。自分で調べて自分でリスクを負うつもりの人にとっては、Vistaモデルを買ってXP化がベストなのは明白です。あとWindows7とかどうでもいい。XP最高。ばーか。

■色
本体の色ですが、これはもうグリーンキチ○イのkatagamiとしては、グリーン以外選択の余地は無いと言っても過言ではない。地球上の全てのパソコンがグリーンになればいいのに。グリーン最高。ばーか。

■CPU
XP化が前提だったので、CPUは発熱の低いZ530を選びました。実際XPにしてみると、XPで使う分には何の問題もございません。イライラ無し。ストレスフリー。体感としてはCore2DuoのE6600積んだ母艦とそんなに変わらない感じ。まーこれは純粋に性能比ではなくてSSDだったりインストール直後ってこともありますが。快適です。

■HDD
SSD一択でした。Type Pはファンレスだから、これを選ぶことによって完全無音PCが生まれるのです。実際ちょっと感動しますよ。ホントに無音なんで。速いし。容量はまあネットブックだから別にそんなにいらないや、と思って64GBに抑えました。いざとなればメモステをドライブ化すりゃいいって感じで。なので現状は全然困ってません。

■ワンセグとか色々
おれTV見ないしワンセグいらね。ワイヤレスWANはなんか抱き合わせクサイからいらね。ヘッドフォンもいらね。

■キーボード
シルバーの日本語配列。ひらがなの刻印はいらないんだけど、エンターキーが小さくなるので。

■バッテリー
これは大容量タイプのものを。大は小を兼ねる。マジで。あとよく言われてるのが、Lバッテリーをつけると多少の傾斜が生まれてキーが打ちやすくなるという話。これも本当。ちなみにSと比べて重量が増えてるはずなんだけど、別に重さは気にならない。SとLを直接持ち比べたわけじゃないし、たぶん一生気にならないと思います。てかType P軽い。軽すぎ。

■Bluetooth
Type Pを買った後にイーモバイルの端末も買ったので、Bluetoothは付けといてホントに良かったと思いました。Bluetooth経由で母艦と接続、そのまま母艦でネットしたりファイルを同期できるので便利すぎます。端末に関してはまた後日レビュー予定。

■Webカメラ
なんとなくつけた。時々ビデオチャットとかするし。

■ディスプレイアダプター「VGP-DA10」
これはねー、ちょっとねー、アナログ接続が残念ですねー。DVIと比べるとテキストがかなり滲みます。特に私はテキストメインで使用しているのでこれは辛い。でも他に選択肢はアリマセーン、と思ってたらなんかRATOCに良さげなものを発見したので、それ買ったらまたレビューしますね。VGP-DA10は今のところ渋々使ってる感じ。

■ウォールマウントアダプター
似たようなのが普通に色々売ってますんで、べつに純正買う必要ないと思います。でもかわいいから買った。

■ワイド保証
普段はPCに保証付けない派の私ですが、これはモバイル機なので付けときました。外の世界は危険がいっぱいだよ!

■純正キャリングポーチ「VGP-CPP1/B」
緑×緑はダサいと思ったので黒。これけっこういいです。また別途レビュー予定。

以上。
Type Pを購入してから三週間、いまだにType Pが視界に入るたび、ちょっとしたヘブン状態になってしまいます。
なんかiPodを初めて買った時のような感じ。
あれもこれもできるっていう機能が、こんなにスタイリッシュに、こんなに小さなプロダクトに収まって、どこにでも持ち運びが出来る…
この手のハードウェアにとって、実は「目的」なんてどーでもいいんですよ。
それを実現できたっていうところが既に目的なわけで。
それが購入者の所有欲を充分に満たしてしまうわけで。
Type Pはそこに存在しているだけでいいのです。

まあそういうわけで、
こいつに関しては周辺機器も含めて引き続きレビューしていこうと思います。よろしく。


Type Pの価格相場はこんな感じ。5万円台からあるっぽい。(@楽天)

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2009/07/06/vaio-type-p/trackback/