DIRECTORS LABEL (ミシェル・ゴンドリー) って知ってますか?

DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー

更新が滞っております。月日が経つのは早いものです。
あーカレンダーつけてなくて良かった、のkatagamiです。こんばんわ。

本日レビューするものは『DIRECTORS LABEL』、ミシェル・ゴンドリー編です。
これ知ってます?
発売当初、金が無くて買えなくて、このたびようやく手に入れたんですが。
簡単に言うと奇才映像作家のPV集。
ミシェル・ゴンドリーって人が有名なミュージシャンのPVをバリバリ作ってて、その出来がいちいち素晴らしいので、こうしてベストセレクションとして発表されたわけです。
中には超有名な映像もあるので、ミシェルの作品と知らないまま、目にしたことのある人もいるのではないかと思います。

んで観た感想なんですが、ミシェル・ゴンドリーは芸術家というより「プロデュースできるデザイナー」に近いと思います。自我を表現するのではなく、「映像と音楽というツールを使って、まだ誰も見たことのない世界をどうやって作れるだろうか?」ってなことを毎日毎日考えているのではないでしょうか。
おかげで一度観たら忘れられない作品がたくさんあります。
このDVDに収録されてる作品数がすごいんですが、量だけではなく質もまたハイレベルでおなかいっぱいです。
さらに関わってるミュージシャンがすごい。
収録されてるPVは、ローリング・ストーンズ、ビョーク、ダフト・パンク、フー・ファイターズ、ベック、カイリー・ミノーグ、ケミカル・ブラザーズなどなど。
どうでしょうかこのメンツ。
あと上記アーティストのPVの他に、ミシェルが作ったCMや映画なども収録されてます。
そのうちの一つをようつべで見つけたのでご紹介。



ねー。これリーバイスのCMなんですよ。
リーバイス社からCM作ってくれって言われて、フィルム、古レンズ、モノクロ、テクノ、さらにこの笑えるオチ。
まあよく企画通ったなって思いますが、やっぱりミシェル・ゴンドリーはすごいです。

あとこれは余計なことかも知れませんが、DIRECTORS LABELを観てると、たまに微妙な既視感に襲われる時があります。でもそれは気のせいじゃなくて、見たことあるんですよね。実際、邦楽アーティストのPVがよくパクってます。大物ミュージシャンのPVでさえパクってるんだから呆れますけど。それだけミシェル・ゴンドリーの影響力が強いってことでしょうか。

ちなみにこのDIRECTORS LABEL、ミシェル・ゴンドリーだけではなく他の作家のベストも出しています。私もこの他にもう一枚持ってるんですが、そのレビューはまた回を改めてお届けする予定です。

最近、テレビも邦画も予算が削られて、みみっちいというか、つまんなくなってきています。
そんなご時世、こういう一人の優れた才能と、自由なアイデアが通る国と、そして潤沢な制作費によってつくられた大物ミュージシャンの極上のPVが、痛快です。
アイデアが面白い、演出がうまい、インパクトが強い、それだけではなく、なんか心が豊かになる気がするんですね。
DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー、必携の一枚。

DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION [DVD]
アスミック (2004-03-05)
売り上げランキング: 3184
おすすめ度の平均: 5.0
5 頭の中
5 もっともっとミシェル・ゴンドリーを観たい
5 90年代プロモーション・ビデオ界のトップランナー “Human Behavior”の衝撃よ
5 誰が何と言おうが天才です!
5 一家に一枚!

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2009/06/04/directors-label1/trackback/