セコニックの露出計 フラッシュメイトL-308S で多い日も安心

L-308S

やー愛用してますよ。セコニックの露出計、L-308Sのレビューです。
これを使えば多い日も安心!
ん?
下品だ?
何が?
モノブロックストロボをブツ撮りに使用する際に光量が多くてもこいつでバッチリ露出を計れるという話のどこが下品だと言うんだ!!!
失敬な!!!

ということで、L-308S。
露出計というかフラッシュメーターなんですけどね。
一応このブログはカメラ機材ブログではないので、そうではないと信じているので、ここをご覧の皆様の中には「そもそも露出計って何?」という方もいらっしゃると思います。
露出計はですね、これなんか3万ほどしますが、実は写真撮影には無くてはならないものなんですね。まあそりゃ今時のカメラなんてシャッター押せば写るんですけど、写真道も奥が深く、そのうちフルオートの撮影に飽きてくるのですよ。フルオートなんざ女子供のモンじゃねえかと。漢は黙ってフルマニュアルだと。
そこで登場するのがこの露出計。
例えると「母親任せだった服がダサいことに気付き、生まれて初めて服を買いに行く中学生」みたいな。例える必要ないですけど。ようするにカメラに光を計らせるんじゃなくて、俺に任せろ俺の露出を俺が計るぜ! というアグレッシブな逸品です。
それでまあ露出計も色々ありまして、どれがいいのか私も悩みましたが、その経歴をものっすごく乱暴に雑感として書いてみると、

・コシナ VCメーター……デザインが素敵。クラシックカメラに最適。ただしLED合致式なので速写性に欠ける。受光角°30なのもちょっと不安。

・ゴッセン シックスチノ2……これは実際に使ってました。セレン式なのが原因かどうか知りませんが、露出暴れすぎ。外しすぎ。個体差かしら。売却。

・セコニック スタジオデラックス L-398A……機能はおそらく完璧。重い。でかい。その名の通りスタジオ用。

・セコニック ツインメイト L-208……ちっさい。軽い。アナログ追伸式なので見やすい。ただEV17までってところが。あと受光角°33も少し不満。

ていうかですね、私、もっとアバウトで無責任な露出計が欲しかったんです。スポットじゃなくて適当にポチッと押せばいいだけみたいな。あとは俺の利き酒ならぬ利き露出で補正してやんよと。
それで見つけたのがセコニックのL-308Sでした。
呼称が「フラッシュメイト」なんですけど無視して購入。
結果、非常に満足しております。

L-308S2

フラッシュメイトL-308Sの受光角は°40です。
微妙な違いですが、心理的には重要。
反射光時の使い方としては、このように入射光用の光球を横にずらすと受光部が出てきますので、それを被写体に、まるで印籠のようにかざして計ります。
私の愛機にNikonFEという古いカメラがありまして、この内蔵露出計がまあとにかく優秀で、露出補正なんかしなくてもほぼ外さない、というか脳内イメージに近い露出値をはじき出してくれるという単体露出計キラーな一眼レフなんですが、こいつの中央重点測光に近い感覚で扱える露出計を探していたんでした。
んで、体感としてはL-308Sがマジでぴったり。
出てくる数値も、うんうんお前分かってるよな、みたいな。
例えば天地が1:1の構図を計る際、何度か計り直してもあんまり数値変わんないんですよね。嘘つけって思うけど、それは嘘なんかじゃなくて「細けえことは気にすんな」って言われてるみたいで、実際に撮ってみると、案外ちゃんと撮れていて不満が無いということが何度もありました。
なんか、数値がヒステリックにころころ変わる露出計もあるんですが、L-308Sはそうではなかった。なんというか、まったりしていた。
そんなわけで今は、こいつのはじき出す数値に絶大な信頼を置いています。

L-308S3

反射光で露出を計る時は、横にあるでっかいボタンを一度押すと、あらかじめ表示されてるシャッタースピードに対応する適正絞り値が出ますので、その後で同じく横にあるでっかい上下ボタンで数値を上下させると。
細かいことですが、数字がでっかいのと、ボタンがでっかいことで、かなり使いやすく設計されています。あと総プラスチックなおかげで軽く、このようにドイツ土産のストラップを使って首から提げていても全く気になりません。
しかも仕事で撮影が入った時などは、光球を元の位置に戻し、下部端子をストロボにつなげるだけで入射光&フラッシュメーターとして本気モードに変えることができます。

基本的には適当で、いざという時に頼りになる。
小型軽量のL-308Sはそんなナイス露出計です。
フラッシュメーターだからという理由で敬遠している人がいたら、ぜひ検討して頂きたい。
本気プロでない限り、ほとんどの撮影はこいつで間に合うんじゃないかと思います。


セコニック L-308Sの価格相場はこんな感じ(@楽天)

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2009/04/20/l308s/trackback/