スタイルシートによるレイアウトデザイン見本帖

スタイルシートによるレイアウトデザイン見本帖

今回レビューするものは書籍です。
スタイルシート、つまりCSSですな。Webデザインに興味ない人でも、最近はブログなどで触る必要に迫られることが多々あるかと思います。
私自身もCSSを勉強する必要があり、色々と書籍を立ち読みしたんですが、結局リファレンス本はこの1冊で済んじゃいました。
ちなみにこれ、入門書ではありません。
超実用的な実践本です。

当時CSSのことなんてなーんにも知らなかった私が、なぜこの本を選んだのかと言いますと、理解レベルがどうであれ結局最終的にはこうなるんでしょ? という考え方だったからです。
つまり私は「Chapter2 色を変えてみよう!」みたいな実用的でないサンプルを延々とやらされるのが嫌で、実際に「こういうのが作りたい」というサンプルのソースを一つ一つ上から追っかけていきたいタイプなんです。
そんな性格の人にとって、この『スタイルシートによるレイアウトデザイン見本帖』はバッチリでした。
最初から理想的なデザインのサンプルをポンと見せ、続いてHTMLのソースがぶわーっと紹介され、要所要所で解説が入り、続いて本格的なCSSの記述がぶわーっと紹介され、これも要所要所で解説が入る。
もちろんこっちはCSSの基本的な意味さえ分かってないから、ネコみたいな顔して読んでいくわけですが、同じことを何度も丁寧に解説してくれているおかげで、やがて自然と頭に入っていきました。

その反面、サンプルの数は少ないです。基本的なレイアウトが3パターンほど、そこにギャラリーやブログ、ウェブショップなどのテンプレが各1点ずつ。
なので、単にそのままコピーして使えるサンプルが大量に欲しい人には向いてません。
一方で私のように、「いろんなジャンルのサイトで使われてる実際的なCSSを頭から全部解説してくれ!」という人には打ってつけの一冊です。

このブログも『スタイルシートによるレイアウトデザイン見本帖』から得た知識で作っているようなものです。けっこうボロボロになってしまった、私の恩師のような一冊です。
ちょっと触るだけならどこかのサイトのソースコピペで済みますが、ちゃんとレイアウト・デザインしたいのなら、こういった書籍でしっかりと勉強することをおすすめします。
CSSなんて、一度分かってしまえばホントに簡単なんですけどね。

お世話になった書籍ですので、恩返しの意味も込めて、宣伝しておきます。

スタイルシートによるレイアウトデザイン見本帖
大藤 幹 松原 慶太 押本 祐二
翔泳社
売り上げランキング: 84852

トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2009/04/08/css/trackback/