SILKYPIX JPEG Photography が手放せません

SILKYPIX JPEG Photography

写真関連の話題が多くなりつつあります。
当ブログがどこに向かっているのか、私自身も知りません。
今回レビューするのは写真補正ソフトとして有名な「SILKYPIX」のJPEG版、SILKYPIX JPEG Photography です。
この存在自体を知らない人も結構いるんじゃないかしら。

簡単に言うと、RAW現像的な作業がJPEGでもできるよ!ってことなんですが、いまいちよく分からないと思います。Photoshopとどう違うん? というのが私の疑問でもありましたが、実際に使ってみると最高でした。
結論としては、「色温度」が触れます。
マジで。
どんな仕組みになってるのかと言うと、メーカーである市川ラボの公式サイトに詳しく書かれていますが、なんかよく分かりませんでした。ごめん。
でも実際、本当に触れます。今までPhotoshopでカラーバランスをチマチマ修正していたのがアホらしいです。
さらに「肌色指定ツール」が秀逸。
これを使うと、人物の肌の部分をクリックするだけで、人物写真の色かぶりを一発で修正してくれます。
すげー。
あ、「色温度」の意味がよく分からない方のためにサンプル出しますね。

まずこれが編集画面。(原寸大はこちら

silkypix_jpeg_01

写っているのはちょうど手元にあった肌色のサンプルです。
なんでこんなモノが手元にあるのかは深く突っ込まないで下さい。
そういう年頃なんです。
で、
これは室内の白熱灯で撮ったので、思いっきり暖色に色かぶりしています。
そこで左の方に見える肌色指定ツールを使い、お姉ちゃんの鼻の先をクリックすると!

silkypix_jpeg_02

こうなる。
すごいねー。
私自身、RAW撮りなんて滅多にやらないもんだから、色かぶった写真はそのまま放置してたんですが、SILKYPIX JPEG Photography を使うようになってからはそういった過去の写真まで補正しまくり。

もちろんこれは本来RAW現像のためのソフトウェアなので、色温度の他にも様々なパラメータが触れます。
特に気に入っているのは「記憶色」とか「美肌色」といった彩度補正のプリセット。
これがまた絶妙の色を出してくれます。
上記の原寸大画像を見て頂くとお分かりの通り、その他にも様々な補正がかけられるわけですが、忘れてはいけないのがこれらがすべてJPEGに適用できる、ということです。
分かりますか?
分かりませんか?
つまり、ネットで拾った画像にも使えるってことですよ。
いやー素晴らしい。
他人様の写真を補正しまくり!
でも二次配布はダメ!絶対!
みたいな。
けど実際、ネットで拾った写真ってちゃんと補正されてないものが多くないですか?
ケータイはもちろん、せっかく気に入ったエロ画像ポートレイト写真を見つけても、露出が狂ってたり色かぶりしてたり、残念な気持ちになることが多々あると思います。
そこでこの SILKYPIX JPEG Photography ですよ。
私は他にもPhotoshopCS4のCameraRawやらCaptureOneやら使ってますが、SILKYPIX JPEG Photography の起動率はそれらの本職ソフトよりも高かったりします。

そしてダメ押しなのは、このソフト、安いんです。
RAW現像ソフトウェアは数万コースですが、SILKYPIX JPEG Photography は\8000です。
買っとけマジで。
悪いこと言わないから。
正直、一度使うと手放せないソフトウェアですよ。

↓ベクターで買えます


トラックバック

トラックバックURL: http://monocow.tank.jp/2009/03/24/silkypix-jpeg-photography/trackback/